グレッグ

グレッグ

グレッグ・モンゴメリー

Gregory Clifford ‘Greg’Montgomery

トーマス・ギブソン

声/森川智之

ダーマの夫。1966年生まれ。正式にはグレゴリー・クリフォード・モンゴメリー。元軍人で大企業の経営者である父エドワードと、上流階級出身の母キティに育てられたお坊ちゃま。ハーバード大では古代史を学び、スタンフォード大のロースクールへ通った。几帳面でまじめ。すべて計画どおりに進まないと気がすまない性格で、10年後の結婚記念日の予定まで決めてある。また、すぐムキになったり、甘えん坊の一面もある。趣味はゴルフ。左利きで料理が得意。司法省検事局の検事補だったが、第48話「32歳の旅立ち」で仕事を辞め、第56話「すご腕!女弁護士」で弁護士事務所を興した。

(TEXT byろれっち)


FNはグレゴリー・クリフォード・モンゴメリー

ハイソな家庭で育ったグレッグハーバード大で古代史を学び、スタンフォード大をも卒業しているエリート法律家。以前は連邦検事だったが、現在は弁護士として法律事務所を開設。エリートらしくゴルフが趣味で、一時はプロを目指したこともある。

 子供時代、母親に自分は蜂アレルギーだと信じ込まされ、外で腕白に遊ぶ事が出来なかった。真面目で常識のど真ん中を生きてきたグレッグは、いつもダーマのやることに驚かされ「ダーマ!」と叫んでいることが多いが、以外にユーモアのセンスもあってダーマと南部人ごっこをして買い物に行ったことも。コスプレしたり、小道具使ってエッチするのが実は好き(?)

 最近はダーマの影響で、自分探しの旅に出たり、死んだお婆ちゃんの霊とエッチしたり、色々なことを経験しているが、おそらく自他共に認める「ダーマ&グレッグ」唯一のまともな人間だろう。

(TEXT byオグ)